2009J2リーグ  第51節 vs水戸フォーリーホック
  〜2009年12月5日(土) 12:34キックオフ ケーズデンキスタジアム水戸〜

入場者数 5,500人

◆結果 ○3-2  
敵地で11年ぶりのJ1昇格を決める!!
 2前半 2
 1後半 0
 
◆得点
 30分 田原 豊(ヘディング)
 34分 阿部 吉朗(寺さんからの直接FK でヘディング)
 53分11 阿部 吉朗(ヘディング)

3位の湘南と4位の甲府、勝ち点差は1。 湘南が勝てば文句なく昇格が決まる大事な大事な最終節。
アウェイなのに、まるでホームのようなスタジアムの雰囲気。5500人中湘南のサポーターは3500人だったそうです。

プレッシャーからか、立ち上がりはどこか硬い感じ。。前半20分、21分と立て続けに失点。2点のビハインド。
そのあとも、あわや3失点目か!?と思われたシーン。NOZAが超近距離でしたが、またもや足1本で止めた!
このセーブで湘南にいい流れがきたと思います。

前半のうちに田原選手と阿部選手が得点し、振り出しに戻る。


2−2から始まった後半。湘南らしい諦めないサッカーがゴールを呼び3−2で勝ち越し!
もうもう、大盛り上がり、このまま勝てば昇格! あと1点得点して、決定的にしてほしいところでしたが、水戸の選手も2度もホームで他チームの昇格を見たくない!という意地が感じられました。

最後の終了のホイッスルが鳴るまで、本当に気が抜けない、肩に力入りまくってました。
結局、3−2で終了!と共に昇格決定!!! 選手やコーチスタッフ、サポーター・・・まさしく歓喜の渦ですよ!
涙、涙の感動の瞬間。本当によかった。

選手たちも、お互いに抱き合い涙。 NOZAに駆け寄る選手やコーチたちと抱き合い、遠くから見た雰囲気ではNOZAも泣いていたんじゃ?って見えました。
特にキーパーコーチと抱き合った瞬間は。。。顔をうずめていたように見えた。


寺さんが途中71分永田選手と交代でピッチを去るときに、ゴールマウスの前にいるNOZAに向かって叫び、声をかける。そして胸のエンブレムをトントンとたたいて見せる。それに応えてNOZAも寺さんに向かって、胸をトントンとする一瞬のシーン。。。見てしまった。。。 とたんに涙があふれてきた。。。

あとはNOZAが守りきれば勝つ!!昇格だ!! がんばれ!NOZA!そんな一心で声援を送る。
自然と声も大きくなってくる。

甲府戦の前から足の怪我。
前節の草津戦ではいつもファンサに出てくれるNOZAが、どんなにちびっ子が呼んでも、バスから出てこなかったそうで、様子がいつもと違っていたという。。。本当に満身創痍で闘ったNOZA。 昇格の立役者として貢献できて本当によかった!!


新潟でも、いつも自分より、周りのことを思う優しさをもつNOZA。 
最終節に体調不良で出場できなかった中村祐也選手の22番のユニを下に着て闘っていた。
 そーゆう姿は過去、新潟でもたびたび見てきたけど、やっぱりNOZAはどこにいてもnozaだなぁと感動する。



NOZAのコメントより
「1年間ずっと一緒にやってきて、この場で喜びを分かち合えないのは、祐也(中村)自身がもっとも悔しいはず。祐也を心強い味方に、試合をしました」

来年はいよいよNOZAもJ1に復活!  また新たな挑戦の始まりだね!


クリックすると画像が大きくなります


湘南の守護神登場

入念にストレッチ

アウェイG裏

アウェイバックスタンド

さぁいよいよ円陣

キックオフ

ボールに愛情注入!

昇格を決めて、抱き合い喜ぶ


ユニの下には「22」を着ていたノザ

自分のユニも腰に巻いて

バックスタンドのサポーターと
喜びを分かち合う


G裏サポをバックに写真撮影

ノザ、謙虚に一番後ろから。。。
やりきった後のいい笑顔でした