2006.12.3 サンクスフェスタ2006(ビックスワンにて)10:30〜12:30

雪が舞う中、行われたサンクスフェスタ。今年は、L1昇格を果たしたレディースも一緒でした。
オープニングには 来季の新ユニフォームのビックジャージがお披露目されました。

例年どおり、ポジションごとの挨拶が行われるのですがGK部門の3人は仲良く肩組みながらステップ踏んで登場
 トップバッターは北野君。その挨拶している後ろで、なにやら諏訪君に指示するノザ。。 2番手は。。と司会の方がいうと諏訪君 忠実に「はいはい!」と手をあげて立候補 ノザからの指令があったに違いない。。(笑)

トリを狙うノザのネタは披露する前にばればれ。「実は。。。。。今季限りで。。。。」といったところで、会場から笑い声が。。
「もう、ばれてるぅ! 笑ってるもん」といいながらも。「実は。。。今季限りで引退すると新庄選手が言っていたので、僕は来年もがんばります」という落ちが用意されていたわけでした(笑) 「今年は、なんと言っても、サポータの方に支えられてがんばれた年でした。。」とコメント
レディス監督の鳴尾さんの名を連呼して 無理やり出演?させるシーンも。。(笑)

今季で退団する選手には一段と拍手や声援が大きかったですが、やはりその中でもファビは一段と大きかったです。
「新潟が大好き・新潟サポータ大好き」と もう聞いている私はウルウルです。
岡山さんは、「名古屋発、新潟で途中下車して2年。ココから飛行機にのるか、電車かはわからないですが・・・新潟に来て良かったです」と、
梅山さんは「自分のプレイスタイルを信じて頑張ります」と明るいコメント
喜多さんは「早く怪我を治して 敵としてまたこのピッチにたちたい、その時はやさしくしてください」 (だったと思う。。^_^;)

毎年、こうやって去っていく選手がいるわけですが。今年は大量。。。まだまだ アルビで見たかった選手もいたし。。やはり寂しさは残ります。

でも、ノザや松下選手の長州小力の物まねとか 場を和ませてもらえるシーンもありました。

最後、選手とのハイタッチでお別れ。。今年は、4つのグループに分けられた中から、自分のお気に入りの選手を選べるというものでした。
1出口
北野・梅山・永田・シルビ・ファビ・エジ・喜多・松下
2出口
ノザ・本間・海本・岡山・中野・船越・六車
3出口
健太郎・青野・寺川・内田・河原・諏訪・田中・酒井
4出口
三田・千葉・矢野・中原・慎吾・中村・栗原・藤井

我が家は当然、Aの出口へ! ファビは隣の@の出口にいる姿を見れました。直接お別れを言えたのはオカさんと船越選手。
次のチームでの活躍を本当に祈っています。


電池切れのため 非常に偏った 数枚ですが。。すみません ^_^;

来季の新ユニ チア。。。寒そう
レディース鳴尾監督 仲良くステップ踏んでGK3人
帰る頃にはうっすらと白く。。。

BACK