荻川メディカルニュータウンイベント
2004.6.6 15:00〜
参加選手 : 野澤洋輔選手・鈴木慎吾選手・丸山良明選手
トークショーの内容は管理人が覚えている限りのことを、
順不同で書き出してますので、ご了承ください。

N=のざ S=慎吾君 M=丸山さん で表記しました。

どうですか疲れてますか?
N: 全然疲れてないです
J2の時に比べて得点を沢山入れられてますけど。J1はやっぱりスピードとか違う?
N: 決めるときに決めるって感じですね。
S: 点を入れないと、守ってくれてる野澤や丸さんたちがガンバってくれてるから、やっぱ決めないとね。 
  決めれるところで決めないといけないが、簡単なシュートが入らない。。。
N: 慎吾は角度のないシュート決めるのがうまいからね!
S: だから簡単なシュートがダメなんだろ!?(すばやいつっこみ) 
( この二人のコンビネーションかなり面白かったです。慎吾君のつっこみに のざ 押されぎみ?)

好きな食べ物はなんですか。
S: ハンバーグです。
M: 僕もハンバーグ系すきです。
野澤選手は?
「ハンバーグラー。」(司会者軽くスルー)

怪我で出れない丸山選手やっぱり焦ったりしますよね
M: 「焦りは悪魔のささやき」なんで
N: 「みんなきいた!? メモらないと。。」(その後やたらとこの名言を、使いたがるノザ。仕舞いには「悪魔は焦りの・・・」なんて言って丸さんに???な態度されてました)
休みの日は何してるの?
N: デートしてます!慎吾君と。肩車したりして。
S: 野澤が上に乗るんです。
N: そう、スクワットしてるの
M: 英会話してます (NOZAのまたまたつっこみ。ことあるごとに、「これ英語でなんていうの?」と聞く)
バリバリプレミアリーグ狙ってますね!
N: 僕はかつ舌よくします。
かつ舌悪いんですか?
N: かつ舌わるい人がいるんで。。。(チュッパチャプス3回言ってみ。というが、 だれも反応せず)

 質問コーナーでは子供たちの質問が多かったのですが、これまた、実に鋭い! こどもじゃなきゃ聞けないだろう!って質問ばっか。で、
司会の方もたじたじ。。「僕らはとても聞けないことばっかだから、今度から質問はお子さんにかぎるなぁ〜」なんて言ってました。

野澤選手には「今までで打たれたシュートで一番悪いシュートは?」
N: アンデルソンのOG(笑)

「監督が怒って一番怖かったときは?」
(3人で相談してから)
N: 試合のハーフタイムとかに怒ることが多いですけど、机を蹴飛ばして、たまたまその机が斜めになっちゃって、上においてあったものとかが、ざぁ〜って流れて落ちてきて、それをカンちゃん(神田さん)が両足ひろげて こーやってよけてましたけど。。  監督は怒ると怖いですよ。

「彼女はいますか?」(なんて大胆な!)
N: いません。(え〜!! と会場)シンガポールに一人おいてますけど(笑)(アラケンさんのこと)
M: ほしいですね。

「好きなタイプの女性は?(この辺もなんとなくうま〜くごまかされたような・・・
M: 普通の子がいいですね。
S: 目がきれいな人が好きです。
N: ロマンチストでぇ〜・・・ チュッパチャプスが似合う子 (といって、ちょうどなめている小学生くらいの女の子を指差す。女の子大喜びで何度も手を振り合っている姿がほほえましかった)

「昨日CKの時どうして上がっていったのですか」・・・
N: もちろん点を入れるためだよぉ〜!なのにさぁ〜このシンディーがさぁ(慎吾君のこと)ボールこっちに蹴ってくれなくて頭の上を飛んでいっちゃったぁ〜
(それだけ、勝ちたかったってことだよと丸山さんや慎吾君から助言)

丸山選手にはかわいいちっちゃい女の子が「おうちはどこですか?」なんてきいてたりして会場を沸かせてくれました。

荻川の町はどうですか?
S: 控えで丸さんと話してたけど、家ほしいよねぇ〜って。 でもアルビレックスのお給料じゃ無理かな。。(笑)
M: ほしいですねぇ〜 荻川いいところですね。自然がいっぱいで、すんでみたいです。
N:: おうちはどこですか?と聞いた女の子を捜して、小さい声で「丸山選手ここに住むって、合鍵もくれるってさ」とささやく(笑)

まともな質問も中にはあり、
慎吾選手に「どうしたらシュートがうまくなるか」とか「ライバルは誰ですか」とか。。
N 「ジャイアンツの元木選手です」 (司会者・・・野澤さんに一番に聞いたのが悪かった。。。)
S: 自分です!
それらを聞いて 野澤選手 「もう一回聞いて!」と司会者を促すが、マイクを向けたら「さ・い・ご・に!」と司会者たじたじ。。
M: 僕も自分かな。理想の自分!
もう一度マイク向けられ
N: しばらく間おいて 「自分です!」 (場内笑い)


最後に抽選会があって、サイン入りのユニやTシャツなど選手から渡されていました
選手はそれぞれ自分の車で帰っていきましたが、野澤選手はサインを求められるファンに応えて、最後の最後までどんどん増え続けるファンの方々に終始にこやかな笑顔で対応していました。
トークショーは4時に終了。その後1時間半はそうやって楽しそうにファンサしていました♪

トークショーに参加した私たちもとても楽しかったのですが、選手もとっても楽しそうな嬉しそうな笑顔でした(^.^)